自動車保険で補償ができたピッキングによるカーナビ荒らし

クルマで出かけようとした際、クルマを少し走らせてナビで目的地をセットしようとしたら、フロントのパネルが剥がされてナビが盗まれているのに気付きました。

慌てて駐車場に戻って家族に報告して、警察を呼んでクルマの被害状況を調べてもらうと
助手席のドアがピッキングで開けられていて、そこから侵入してナビを盗んだのだろうとの事です。その証拠に助手席の鍵穴に不自然な傷が僅かに付いていました。

警察の方に被害届を提出し、被害も盗まれた20数万円のナビと決して少なくない額でした。しかし、自動車保険に加入しているので補償が効いて新品が用意されましたし、車体に大きな損傷やガラスを割られるような大きな被害は無かったのですが、1度被害に遭うと犯人グループに私のクルマが盗めるクルマと思われマークされると困るので、クルマの修理が完了すると同時に自動車用品店に行きカーセキュリティのシステムを搭載しました。それはピッキング等の不自然な状況でドアが開閉した場合や、車内に不審な動きが有るとアラームが鳴るといった商品で、それ以降は被害に遭っていないので、高価でしたが非常に有効な対策だと思います。

 

自動車保険ランキング